読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つかまりだちの日々

おふろのこととか、おいしいもののこととかメモ帳のクラウド化気分で記事をお届け

20160317-1 【データ】※期間限定 椿×蜷川実花コラボ※ 押上温泉 天然温泉 大黒湯

大黒湯
〒130-0003
東京都墨田区横川3-12-14
03-3622-6698
東京スカイツリーから徒歩10分
地下鉄押上駅B6出口から徒歩約6分
東武スカイツリーライン とうきょうスカイツリー駅徒歩約10分

詳しくは公式HP交通のご案内のページにて要確認
※データは来訪時のデータのため現在と異なる可能性があります。
特に今回来訪時コラボ企画中ですので、変更点多いと思います。

2016/03/12(土)訪問
入泉料 大人<全日>: 460円(税込)
サウナ<全日>: 200円(税込)
貸しタオル: 50円(税込) 大小

アメニティ
歯ブラシ 無し(有料)
カミソリ 無し(有料)
ボディウォッシュ 無し(未確認)

施設に関して(特記事項)
スーパー銭湯ではなく、あくまで銭湯。
・都内の銭湯は料金一律設定。
スカイツリー近く。

風呂に関して
・ジェットバスがある。
・露天風呂がある。
・露天風呂の2階にある休憩チェア至高

ビン牛乳
一律130円/牛乳、コーヒー牛乳(確認時これにて全種)
冷蔵庫から取り出して、番台に現金をお渡ししましょう。

スカイツリーの見える 銭湯がある、つまり露天風呂がありながら460円の入泉料金
ということでいってきました 大黒湯さん!

2016/02/11〜03/31まで偶然にも、資生堂の椿×蜷川実花のコラボラッピングされおり
普段銭湯にはこなさそうな女性2人組というお客さんがチラホラ
自分もその中の一人にカウントされてるんだろうなぁと思いながら
蜷川実花さんのことあまり知らなくてすみせんとコソコソ
あからさまに好きそうでリスペクトしてる的な なりをしているので余計コソコソ

露天風呂は 奇数日が男湯 偶数日が女湯
高濃度炭酸泉は 偶数日が男湯 奇数日が女湯
もちろん、銭湯なのに露天風呂という点に惹かれた自分としては 偶数日に訪れなければ意味がない!とスケジュールを調整しいざ参戦


最寄駅は地下鉄 押上駅東武スカイツリーライン とうきょうスカイツリー駅(旧 業平橋駅)など
とにかくスカイツリーのお膝元

とうきょうスカイツリー駅からぼちぼち歩いて向かいます

途中ゆるキャラに遭遇

f:id:note0000000000:20160317005613j:plain


この後体当たりされました(笑
カッパのコタロウ この時お皿が乗ってませんがお皿はあるようで
スタッフの方が黄色いギザギザ持ってました(笑

大黒湯さん 外観です。

f:id:note0000000000:20160317005639j:plain


わっと思うほどのド派手なラッピングを施されております。

 

 

f:id:note0000000000:20160317005909j:plain

下駄箱の感じ好きかも!下駄箱のグリッド感と椿柄がなんだか花札みたい。

 

番台の方に そちらの券売機でチケットをご購入くださいと促してもらい

f:id:note0000000000:20160317005725j:plain

ワオこれまたど派手な券売機
購入後提出 そそくさとのれんをくぐります。
およそ16:30頃の入館で ロッカーは数個空いてるという程度
繁盛されております。

椿とのコラボのため、お風呂場には椿のシャンプーとリンスがさまざまな種類置いてあります。
普段は浴室内で一か所に一本ずつ置いてあるとのこと。

内装など詳しくはこちらのサイトで。写真が撮れなかった部分などの様子があります。

www.shiseido.co.jp


お掃除自体は行き届いている印象です。
湯船自体は掛け流しではないので、私は大丈夫ですが、潔癖性の方にはオススメ出来ません。
そこらへんはやはり、日常使いの料金施設ですのでとやかく言う点ではないと私は理解します。

内湯もそこそこに露天風呂へ!
スカイツリーは見えるかな!とワクワクしつつ外の浴槽へ
ちゃぷんと浸かります。
浴槽は普通の水深と浅めの寝湯に使える(45cm程度?)の水深とに段差がついてます。

肝心のスカイツリーは場所によって見える!
けど!先端だ!(笑
634のうちの体感34mくらいが見えてる感じですかね(あくまで体感です)
まぁ、良しとしましょう(笑

露天風呂に行くと右手側に水風呂と岩風呂の浴槽
向かって正面に2階に登る階段があります。
こちらの階段を登ると、背もたれ付き木製の椅子が3つとハンモックのあるウッドデッキ!

流石に素っ裸でハンモックに揺られる勇気はないので
椅子にタオルを敷いて 湯冷ましします。

ここからの方がスカイツリーの上の方が見えます。
ライトアップされるまでは帰らないぞ!と17:00前くらいから
露天風呂と展望休憩チェアを行ったり来たり
もう少し陽気が良くなって25度くらいあれば
外の休憩チェア至高ですが混んでるかもしれません。
ぼんやりとライトアップされたのを確認し
18:00前くらいにロッカーに向かうとちょうど混み具合谷間の時間のようでした。
通りすがらの浴室もロッカーもわりかし空いてました。
18:15くらいからまたロッカーも浴室も混み始めた印象です。

風呂上がりにはコーヒー牛乳を頂きます。

帰るころにはすっかり真っ暗

f:id:note0000000000:20160317010455j:plain

狙ってるんだろうけど吉原感あるな……?

 


スカイツリータウン、寄るつもりは無かったのに駅に向かってる途中の案内板で
キルフェボンを発見、寄り道して買って帰ってしまいました。

f:id:note0000000000:20160317010735j:plain

 

f:id:note0000000000:20160317010754j:plain

向かって左が 不知火のタルト

向かって右が 星型 杏仁ババロアのタルト~色とりどりのフルーツゼリー仕立て~

 

文句なしにおいしい。フルーツが上手に殺されてる。

酸っぱくない、甘いものと一緒に口に入れても えぐみが来ない。

はぁ、これはお金を払う価値がある。

イートインもあるので、帰りにキルフェボン寄ってください。 

 

お風呂と甘いものを摂取してリフレッシュしてターンエンド


こちらの施設の総評
スカイツリー、近隣商業施設などの探索後に(手ぶらでも行ける銭湯)

・お風呂に浸かりながらスカイツリー見物

・町のおふろやさん

キルフェボンを食べて帰ろう


上記に当てはまる、もしくは魅力を感じた方におすすめしたいと思う。