読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つかまりだちの日々

おふろのこととか、おいしいもののこととかメモ帳のクラウド化気分で記事をお届け

20160321-1 【レシピ】パナマから来たキハダマグロのグリル

おいしいものの回

f:id:note0000000000:20160321161832j:plain

 

キハダマグロのグリル

漬け込み食材------

マグロ:1サク(今回は186g)
ピーマン:こぶりのもの1つ
みょうが:1つ
-------

グリル食材-------

たまねぎ:半分
-------

調味液-------

料理酒:大さじ1
カツオしょうゆ:大さじ1(!)
醤油:大さじ1
にんにく:小ぶりなものの場合3かけ、大きなものは2かけ
-------

(!)ポイント カツオしょうゆ大さじ1の代用品はめんつゆ(希釈用)大さじ1を使用してください

【作り方】

1、ピーマンは天面を切り落とし、種を取り出し水平に3等分
みょうがはバラバラにならないように根本が付くように4等分
ニンニクはスライス

それらをビニール袋に入れます。
大人舌をお持ちの方はピーマンをしし唐3本に変えるなどしてもいいと思います。

その際には本体に包丁で傷をつけて味が染みるようにしてみてください。
みょうがは香り付けになりますので是非とも入れていただきたいです。

f:id:note0000000000:20160321161933j:plain

2、そこにパックから取り出したキハダマグロのサクをドン

グリルした時の炭化とパサつきを抑えたいのでサクのまま漬け込みますが
どうしても刺身のように綺麗なカットをしたい方はカット済みで

漬け込みとグリルをしてください。

火を通すと自分の繊維方向でしかカットの言うことを聞かなくなります。

今回もサクに対して水平に走っています。

おおかたのサクは水平に走っていると思います。

調味液をダバダバ(料理のさしすせそなんて関係ないです。適当に入れてください)

f:id:note0000000000:20160321162112j:plain

3、袋の口をしばり(後で苦労しない開けやすい縛り方)

冷蔵庫で半日から1日漬け込んでください。

f:id:note0000000000:20160321162322j:plain

4、半日から1日の漬け込みのあと、オーブンを200℃で余熱にかけます。

そのすきに、玉ねぎを厚み1cm程度にスライス

オーブン対応の皿にマグロ、ピーマン、みょうが、玉ねぎをならべ

漬け込みしたタレもすべての食材へ回しかけます。

お好みで玉ねぎにのみ、少々ずつの塩と胡椒(分量外)もかけます。

f:id:note0000000000:20160321162425j:plain

5、200℃で20分グリル
我が家のオーブンレンジでは 焼き色が甘かったので、さらに210度で15分
トータル35分グリルしました。
オーブンの個体差があるので様子を見ながらおいしそうに焼いてください。
ちなみに、マグロは冷蔵庫から出したてのヒエヒエで調理開始しました。

玉ねぎもおいしそうな色に焼けてフィニッシュ

f:id:note0000000000:20160321162627j:plain

6、カロリー制限中なので今回はサラダに乗せますが
白いご飯に大葉もしくは刻み海苔をのせて
グリルした食材をのせるドンブリにしてもいいです。


木目のような筋が繊維方向ですので、そこから剥がし
そのままでは長いので半分にカット、この時身が崩れますが気にしない。
大きめに食感を残したほうが、食べている感じが高まりますので
あまりいじくりまわして粉々にしないでください。

仕上げに、グリルで皿に残ったタレをふりかけて完成です。
サラダにのせた量でマグロは半量です。

f:id:note0000000000:20160321162731j:plain


以下、感想など

本マグロ、びんちょうマグロ、キハダマグロ
さまざまなマグロが売り場に並ぶ中、お安いお値段のキハダマグロ100g187円
牛肉よりやすーい!やったー!
最近カロリーを気にして、鳥胸肉ばかり(たまに豚ひれ肉)を

摂取していてそろそろしんどかったのです。
週末、3連休、甘美な響き。
上記3種類のマグロの中でもキハダマグロのカロリーは100gあたり106キロカロリー
鳥胸肉皮なし100gの108キロカロリーをしのぎます。
お魚も、カロリーだけ考えると脂の乗ったものはそれ相応にカロリーがあるので注意されたし。

今回のサラダのカロリーはざっくり280キロカロリー以下
玉ねぎ含むグリルしたものだけならざっくり200キロカロリー以下という感じです。

 

今回の手に入れたキハダマグロはパッと見た感じ割と新鮮で

生でもいけないこともなかったかと思いますがやはり手を加えたことにより

キハダマグロのポテンシャルの引き出しに成功し大正解だったと思います。